カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】,ノースリーブ,正規品,7699円,paymac.net,COVERT(コーベルト)FW5023,/acupressure1095824.html,【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】,レディースファッション , トップス , シャツ・ブラウス 正規品 インポートセレクトショップ 全国一律送料無料 レディース 【人気商品】 あす楽 OUTLET カシュクールシャツ コーベルト FW5023 ノースリーブ SALE COVERT カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】,ノースリーブ,正規品,7699円,paymac.net,COVERT(コーベルト)FW5023,/acupressure1095824.html,【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】,レディースファッション , トップス , シャツ・ブラウス 正規品 インポートセレクトショップ 全国一律送料無料 レディース 【人気商品】 あす楽 OUTLET カシュクールシャツ コーベルト FW5023 ノースリーブ SALE COVERT 7699円 【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】 正規品 COVERT(コーベルト)FW5023 ノースリーブ カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】 レディースファッション トップス シャツ・ブラウス 7699円 【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】 正規品 COVERT(コーベルト)FW5023 ノースリーブ カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】 レディースファッション トップス シャツ・ブラウス

正規品 インポートセレクトショップ 全国一律送料無料 レディース 人気商品 あす楽 OUTLET ◆セール特価品◆ カシュクールシャツ コーベルト FW5023 ノースリーブ SALE COVERT

【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】 正規品 COVERT(コーベルト)FW5023 ノースリーブ カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】

7699円

【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】 正規品 COVERT(コーベルト)FW5023 ノースリーブ カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】














※モニターにより、色の見え方が実際の商品と異なることがございます。
※商品は実在店舗での販売もしておりますのでタイムラグにより在庫数のずれが 生じる場合がございます。在庫ありの表示でも品切れの場合がございますので、 あらかじめご了承頂きますようお願いいたします。

■返品交換について

■店頭受取にについて


- Feature

> View More

【キーワード】
COVERT/コーヴェルト/レディース/トップス/ブラウス/カシュクール/春夏/コーディネート/スタイリング/送料無料/あす楽/あす楽対応/biglietteria/ビリエッテリア/インポート/インポートセレクトショップ/30代女性/40代/50代女性/女性ファッション/コーディネート/大人/大人かわいい/大人可愛い/biglietta/ビリエッタ/大阪/ハービス//[ホワイト]

【正規品】【インポートセレクトショップ】【全国一律送料無料】【レディース】【あす楽】【OUTLET】【SALE】 正規品 COVERT(コーベルト)FW5023 ノースリーブ カシュクールシャツ【OUTLET】【SALE】

2022年1月1日土曜日

日本の移民問題を語る上で必読の本『ルポ技能実習生』

昨年の夏にフリー記者の澤田晃宏氏の『ルポ技能実習生』を読んで紹介しようと思って放置してしたのを思い出したので、感想を記しておきたい。

アメリカほどではないが戦後の日本には在日韓国・朝鮮人、日系ブラジル人などの様々なエスニシティが入り込んでおり、日本も移民問題とは無縁ではない。最近は、外国人技能実習制度を通し、中国人やベトナム人が日本社会の重要な構成員となっている。本書は、日本の移民問題を議論するのに避けては通れないこの外国人技能実習制度という移民受け入れシステムに焦点をあてた本だ。

移民関係の本は色々と出ているのだが、抽象化されてやや具体性に欠く議論になりやすいので*1、そうではない本を読みたかったのでよかった。

2021年12月26日日曜日

都市化の程度を考慮した人口あたりのCOVID-19死亡者数は大阪府、北海道、沖縄県が多い

ノンフィクション作家の山岡淳一郎氏の「維新躍進のウラで…大阪の「コロナ死者数」が「日本で飛び抜けて最悪」になっている理由」と言うエッセイが反維新の人々に人気であったのだが、都市化の程度を考慮すると飛び抜けて最悪とも言えないことを指摘したい。イソジン推奨や雨合羽寄付や国産ワクチンなどの右往左往に関わらず、ワースト3に入るだけである。大阪府民は吉村大阪府知事、松井大阪市長を非難したほうが良いと思うが。

2021年12月24日金曜日

古代から中世の日本史がよく分かるようになる『荘園 — 墾田永年私財法から応仁の乱まで』

日本史の教科書は経済構造の説明が薄いので、ずっと奈良~平安~院政~鎌倉~室町時代の社会の変遷と言うか繋がりが謎だった。奈良時代までいたはずの豪族の皆様は平安時代以後、音沙汰がなく霧散してしまった気がするし、皇室や貴族の皆様は鎌倉時代以後は霞を食べて生きていた気がしてくる。支配層や合戦の記述は切り口が悪く、当時の社会が見えてこない。

2021年12月14日火曜日

サンプルサイズを逐次拡大して統計的有意性を出すp-hackingはまずされない

仮説検定で統計的有意性が無かったときに、観測数を増やすことで統計的有意性を捏造できるからP値の利用は不正を招くような話をネット界隈で見かけることがあり、繰り返し強調している数学者もいるのだが、そんな事は現実ではまずされないので指摘したい*1

実際に問題になっているのは、少ないサンプルサイズの実験で“偶然”異常値を引き当てたり、恣意的にサブサンプルだけを分析するchampion data problemの方だ。

2021年12月6日月曜日

萌え絵への非難はキャンセルカルチャーの範疇に入らないから

ネット論客の青識亜論氏が「キャンセルカルチャーをキャンセルするには?――対抗戦略の具体的検討」と言う論考を書いている。女性表現物がフェミニストの非難で撤回や修正に追い込まれないようにするには・・・と言う話なのだが、キャンセルカルチャーの意味を誤解している。

古代ギリシャの陶片追放のように、人間を役職から降ろしたり、職場や共同体から追放するようなことをキャンセルカルチャーといって、発言を訂正させたり、表現物を撤回させたりするのは該当しない。

2021年12月2日木曜日

平安時代の貴族が自力救済社会に生きていたことが分かる『殴り合う貴族たち』

ぼちぼち話題だった『殴り合う貴族たち』をぼちぼち拝読した。

賢人右府の二つ名を持つ藤原実資さねすけさんの日記の記述などを元に藤原道長の頃の平安時代の貴族たちの乱暴狼藉を紹介する本で、貴族の名前が覚えられないので読み進まないことを除けば面白い。

日本史の教科書では平安時代の雰囲気が良く分からないのだが、政府設備だった羅城門跡の礎石を藤原道長さんがくすねたとか、強盗に服を奪われて放置された女官が凍死して犬の餌になってしまった(と言うことになった事件)などの逸話が補完してくれる。

2021年11月23日火曜日

梅田ロフトで開催されたrurudo個展「PLAYROOM」のリボンで隠された乳首と局部の他は裸体の少女の絵の展示を擁護するために必要なことは

エロティックで何が悪い? — と言う開き直りです。まずね。

梅田ロフトで開催されたrurudo個展「PLAYROOM」でリボンで乳首と局部が隠されただけの少女の絵が目立っていると言う指摘があり、店舗が謝罪し、店内の通路からは個展に展示された絵が見えないように遮蔽物が設置された上、問題とされた絵が撤去されることになった(togetter)。この問題よりも、中国のウイグル政策やら、中国テニス選手の失踪劇の方をもっと非難すべきだと言うのは、呆れる露骨さの論点すり替え論法(Ignoratio elenchi)による擁護を見かけた。

2021年11月17日水曜日

『温泉むすめ』は性差別や性搾取とは言えないし、露出度も高くは無いけれども

地域活性クロスメディアプロジェクト・・・と言われてもなんだか分からないが、温泉地ごとに萌え絵のキャラクターをつくって、それらのキャラクターを使った創作物コンテンツをメディア展開し、観光アピールに役立てようと言うプロジェクト『温泉むすめ』の何人かのキャラクターの設定がけしからんと言うことでネット界隈のフェミニストの非難を浴び、非難されたキャラクター設定が修正され、かつ後援団体が公式ページの一覧から消える事態になった。

2021年11月9日火曜日

『科学哲学の冒険』を読んで社会構成主義者を撲滅しよう

ネット界隈での言い争いで、主張が科学的におかしいと批判されると、科学も社会から影響を受けるもので絶対ではないと言い出し、自説を維持しようとする人々がいる。主張の科学的根拠の信憑性ではなく、科学全体を疑いだす論点すり替え論法と言う詭弁なのだが、あえて話を逸らされてみると、科学と言う営みの正当性どころか、そもそも科学とは何かを説明するのも難しいのが分かる。

2021年11月8日月曜日

オープンレター「女性差別的な文化を脱するために」は、人格への中傷ではなく、主張への批判に対して、社会的制裁を加えろと呼びかけている

ネット界隈でよく表現の自由戦士に批判されている武蔵大学の北村紗衣氏らが差出人となって、「女性差別的な文化を脱するために」と言うオープンレターを公開している。このオープンレターでSNSでの振る舞いを非難されている人物が歴史学者が、問題のSNSでの振る舞いを理由に不当に任期無し雇用への昇格を取り消されたと所属先を訴えたことで、再注目されているのだが、言論の自由を強く抑圧しようと言う主張になっているので注意したい。